拡大サイズのイラストご紹介ページのヘッダー画像
拡大サイズのイラストご紹介ページのヘッダー画像(MB用)
HOME >> デフォルメタッチ その他 >> 拡大サイズ

スズキ スズライトバンのイラスト/フリー素材です。

スズキ スズライトバン(ブルーグレー)のデフォルメタッチ(ラージサイズ/枠線あり)のイラスト

【スズキ スズライトバン】

年式・・・1955年~1968年
エンジン・・・フロント/2サイクル・直列2気筒・空冷OHC、360ccエンジン
最高出力16馬力、最高速度85Km/h
駆動方式・・・FF

概 要・・・スズキ スズライトバンは、鈴木自動車工業(現/スズキ)が、四輪市販自動車として初めて生産販売したクルマです。
当所は、ロイト(ドイツ車)を見本に各部を構成しており、エンジンは2サイクル軽自動車の上限排気量である240ccで開発されていましたが、1955年以降に生産される同型エンジンの上限排気量が360ccへと拡大されることとなり、急遽360ccへとスケールアップすることになりました。
ボディタイプはセダン(SS)、バン(SL)、ピックアップ(SP)の3種でスタートし、直ぐにデリバリーバン(SD)が追加されましたが、全体的に販売台数が伸びなかったことからライトバンのみに縮小されました。また、開発ベース車のロイトが15インチのタイヤを装着していたため、同車も15インチという軽自動車には大き目なタイヤを選択することになりましたが、後に14インチ、12インチへと小径化されました。

1959年のモデルチェンジ(2代目/スズライトTL)では、ボディ構成が大幅に改善され、ボディタイプを物品税が課税されない商用車枠であるライトバンに絞り、生産販売されました。この販売策は後のアルトでも採用され大ヒット車種となりました。
イラストは、2代目のマイナーチェンジ後のモデルです。

お問合せ・イラストの制作ご依頼はこちらから
illustration-carlife2018©