拡大サイズのイラストご紹介ページのヘッダー画像
拡大サイズのイラストご紹介ページのヘッダー画像(MB用)
HOME >> デフォルメタッチ 日本車 >> 拡大サイズ

ダットサン フェアレディ2000のイラスト/フリー素材です。

ダットサンフェアレディ2000(ローウインドウ/赤/リアからのアングル)のデフォルメタッチのイラスト

【ダットサン フェアレディ2000/SR311】

年式・・・1967年~1970年
エンジン・・・フロント/直列4気筒・水冷・SOHC・1982cc(U20型)
FR/5MT・2シーター・フルオープン

概 要・・・フェアレディ2000は、日産が北米向けに生産したダットサンスポーツシリーズの4代目のモデル(最終型)で、フェアレディとしては3代目のモデルとなります。
初代、1952年から始まるロードスター(フルオープン)ボディを受け継ぎ、ソフトトップとハードトップが用意されていました。また、国内仕様の右ハンドルはSR311(RHD)、北米仕様の左ハンドル(SRL/LHD)と呼ばれ、パワフルな性能からアメリカでも絶大な人気を得ていました。
1967年3月の発売当初はフロントウインドウが低い「ローウインドウスクリーン」のみでしたが、アメリカの安全基準により、8か月後の11月からはウインドウを高くした「ハイウインドウスクリーン」へと変更されました。
性能的には、水冷直列4気筒、1982cc、SOHCのU20型エンジンにソレックス製のツインチョークキャブレター。ポルシェ社製のシンクロ5速ミッションを備え、最高出力145ps、最高速度205kmと、国内最高の出力とスピードを持つスポーツカーへと進化しました。

イラストは、初期型のローウインドウスクリーンに、ホイールをハヤシストリート(初期型)に換装したソフトトップ仕様のデフォルメタッチです。

お問合せ・イラストの制作ご依頼はこちらから
illustration-carlife2018©