拡大サイズのイラストご紹介ページのヘッダー画像(MB用)
HOME >> デフォルメタッチ 日本車 >> 拡大サイズ

トヨタ セリカリフトバック2000GTのイラスト/フリー素材です。

トヨタセリカLB2000GT(RA25/前期モデル)のデフォルメタッチのイラスト(黄色のボディ・SSRマークⅡ)

【トヨタ セリカリフトバック2000GT(前期型)のイラスト】

年式・・・1972年~1977年
エンジン・・・フロント/水冷直列4気筒(18RG型)/DOHC・1968cc/三國ソレックスツインチョークキャブ/40Φ2連装/145馬力
ミッション・・・5MT

概 要・・・セリカリフトバック2000GTは、トヨタ自動車が1970年12月から生産販売したセリカクーペに次いで、1973年4月に追加されたモデルです。(通称:エルビー)

クーペボディとの外観的な違いは、全長が50mm延長されたことにより、ホイールベースはそのままで前後のトレッドが長くなり、全高も30mm低く設定され、更に一番の特徴として、ルーフからリアエンドにかけて斜めに配置されたリアハッチ、横5列に配置されたリアコンビネーションランプ、ボンネットの先端を延長してバンパーとほぼ垂直にされたフロントグリル(初期のクーペボディの前方に向けて斜めに尖った形状のサイドマーカーに対して、ほぼ四角形の形状となり、やや潰れた顔つきになりました)といった部分かと思います。
車内に関しましては、搭乗者数がクーペボディの5名から4名へと変更されました。

エンジンは2000cc(DOHC・SOHC)1600cc(DOHC・SOHC)の他、1600cc(SOHC)が用意され、1400cc(OHV)はラインナップから外されました。

イラストは、初期型の2000GTのカスタム仕様4種です。何れも、グラデーション、メッシュといったぼかしツールを使用せずに描いてあります。

トヨタセリカLB2000GT(RA25/前期モデル)のデフォルメタッチのイラスト(白色のボディ・RSワタナベ)
白のボディ、RSワタナベ、ジャガータイプミラー、カラードバンパー、スクエアタイプのリアウイング
トヨタセリカLB2000GT(RA25/前期モデル)のデフォルメタッチのイラスト(モスグリーン色のボディ・ハヤシストリート)
モスグリーンのボディ、ハヤシストリート、ジャガータイプミラー
トヨタセリカLB2000GT(RA25/前期モデル)のデフォルメタッチのイラスト(モスグリーン色のボディ・RSワタナベ)
モスグリーンのボディ、RSワタナベ、ジャガータイプミラー
お問合せ・イラストの制作ご依頼はこちらから
illustration-carlife2018©