拡大サイズのイラストご紹介ページのヘッダー画像(MB用)
HOME >> リアルタッチ 輸入車 >> 拡大サイズ

メルセデスベンツ280SE 3.5クーペのイラスト/フリー素材です。

メルセデスベンツ280SE 3.5クーペ(赤/EU仕様)のイラスト

【メルセデスベンツ280SE 3.5クーペ(EU仕様)のイラスト】

年式・・・1959年~1971年
エンジン・・・フロント/V8/水冷SOHC/3499cc
M116・990/200ps/ボッシュDジェトロニック電子制御インジェクション
4MT・4AT

概 要・・・ 280SE(4ドアセダン)は、当時のアメ車のデザインに見られる「テールフィン」を擁していたため「ハネベン」というニックネームで呼ばれることもあり、ボディタイプはこの4ドアセダンの他に、2ドアクーペ、2ドアコンバーチブルが用意されていました。
そして、最後のハンドメイドモデルであり、最初のタテ目モデルでもあります。
1968年の4ドアセダン生産終了後も2ドアクーペと2ドアカブリオレは生産が続けられ、1969年には3.5リッターV型8気筒エンジンを搭載した280SE・3.5クーペとカブリオレが追加され、次モデルのW108と併行して1971年まで生産されました。

イラストは1970年式3.5クーペのEU仕様(上)とUS仕様(下)です。
直6エンジン比べ、高さが低いV8エンジンによってボンネットの高さも抑えられ、同時にグリルの横幅が広げられています。

クライスラー ニューヨーカーと、サックスを演奏するポールデスモンドの2階調画

【メルセデスベンツ280SE 3.5クーペ(US仕様)のイラスト】

 US仕様は、当時のアメリカの安全基準をクリアするためにヘッドライトが丸目4灯に限定され、前後にサイドマーカーが追加されています。
EU仕様では、丸目4灯と異形2灯が選択できたようですが、丸目4灯の方が照度が高かったと言われています。
お問合せ・イラストの制作ご依頼はこちらから
illustration-carlife2018©